モレスキン・ロディアのカバー・使い方をブログで紹介しています。あなたの好きなカバーがあれば是非教えてください。見てみたいと思います。

2009年12月14日

BICボールペン(ビックボールペン)オレンジミディアム1mm青

BICボールペン(ビックボールペン)オレンジミディアム1mm青を買って試してみましたが、最初はいまいちでした。

評判ではヌラヌラと気持ちよい書き味だということでしたが、普通のボールペンとそう変わりはなく、満足度も普通のボールペンと変わらないか、期待していた分がっかりしました。

もしかしたらフランス製を探したのですが中国製しかなかったため、出来があまりに国によって違ったのかもしれません。

あとはやはりキャップが必要なボールペンというのは、面倒くさい気がします。いちいち外して、いちいち取り付けて、キャップが無くなると面倒くささはより一層です。

そういうわけで、今回の挑戦は不発と思われましたが、値段は安い(¥80くらい)でしたし、なぜか書いていると少し癖になりそうな愛着が湧きます。

これは・・・モレスキン系ステーショナリー・・・(; ・`д・´)特に、青いインクは新鮮でした。

ちなみにビックボールペンの青は速記用に使われていたこともあるとかないとか・・・ウェブ上で見かけた記憶があります。

昔フランスで作成されたビックボールペンのポスター、好きです。あれもオススメですね\(^o^)/



http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1001/07/news003.html
http://crn.blog.shinobi.jp/Entry/114/



posted by モレスキン・ロディアのカバー・使い方 at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 筆記用具(ボールペン・万年筆など):LAMY(ラミー)やBankers(バンカーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

ロディアNO11,NO12の専用イタリアンオイルドレザーカバー

ロディア11番専用イタリアンオイルドレザーカバーを2つ注文しました!!一つは友達へのプレゼント用、一つは自分用です。これは期待できます。値段もそこそこといったところでしょうか。一つ3000円とちょっとです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/bunguya/rhodia06.html


大切にしたかったのは、縦に開くことと、シンプルな構造です。私にとってはペンを差し込む部分さえ要らないのですが。小さいペンをポケットに突っ込むのが私のやり方です。

できたら開いたフタになる部分にメモのフタを突っ込んで、カバーを開くのと同時にメモが開けるような、カバーを感じさせない使い方をしたいと思っています。

ロディアのカバーを買う必要性を感じたのは、ロディアは知らない人にとってみれば100円のチープなオレンジのメモにしか見えないのではないかと感じたことです。

ビジネスでも使いますから、そう思われるのは嫌でした。ロディアの構造や価格は良いのです。それを補うためにカバーを買おうと思ったのでした。



追記)その後、気づいてしまったんですが、私が愛用していたのはナンバー11ではなく12の方でした。12が一番しっくりくるサイズですが、これは人によって違うと思います。

11は私には少し小さく感じるのですが、世の中では11がスタンダード化しているように感じます。ただ実際には私の周りでロディア使いは一人もいないのですが。



以下、参考にさせて頂いた記事です。
http://yuba.blog.so-net.ne.jp/2005-11-15-1
http://ug103.blog83.fc2.com/blog-entry-103.html
http://blog.livedoor.jp/tttk5jp/archives/50587668.html
http://www.stationarymaniac.com/2005/05/010rhodiano12.html
http://3points.blog10.fc2.com/blog-entry-169.html




posted by モレスキン・ロディアのカバー・使い方 at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロディア(rhodia)の使い方・手帳・メモ帳・カバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。