モレスキン・ロディアのカバー・使い方をブログで紹介しています。あなたの好きなカバーがあれば是非教えてください。見てみたいと思います。

2010年03月13日

スリップオンの本革/牛革:Rioリオ、Butteroブッテーロ、Noirノワール、あなたのイタリアンオイルドレザーはどれ?ロディアカバーの素材は謎2

前回に続き、まずは画像から。
image.jpg
image(2).jpg
左から1、2、3番目に買ったロディアのカバー

今回のはパッと見た感じは来た!という感じでしたが、やはり表の革の質感が惜しいです。革だけで評価すると2番目のカバーがかなり良かったです。

ちなみに臭いも3番目のカバーはビニールの臭いがします。2番目はちゃんと革の臭いがしました。1番目もなんだか少しビニールっぽい臭いでした。同じ?イタリアンオイルドレザーでもこうも違うものでしょうか。イタリアンオイルドレザーにもRio(リオ)だったりBUTTERO(ブッテーロ)だったり色々と違うのかもしれませんね。でもさすがに臭いがビニールだと、ちょっとどうかと思います。

今3番目のロディアカバーのページを見てみました。
http://www.tegamido.com/item/rhodia111.html
するとどうも3番目の革の素材はNoirと書いてノワールと読むらしいですね。Colorful Chrome leatherと書いてあります。そしてリーズナブルな素材とも書いてあります。やはりクローム鞣しで科学的な臭いがしたのかもしれません。リーズナブルな素材というのが気になりました。
それと併記して「素材:本革 Italian Natural Tanned Leather / BT」とも書いてあるのですが、どういうことなのでしょうか。



posted by モレスキン・ロディアのカバー・使い方 at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロディア(rhodia)の使い方・手帳・メモ帳・カバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スリップオンの本革/牛革:Rioリオ、Butteroブッテーロ、Noirノワール、あなたのイタリアンオイルドレザーはどれ?ロディアカバーの素材は謎

image.jpg
image(2).jpg
左から1、2、3番目に買ったロディアカバー

3つ目のロディアカバーを買ったのですが、良いところと悪いところがありました。といっても商品としては問題ないかと思います。好みと素材の個体差によるところだと思います。

今回買ったのがこれです。
http://www.tegamido.com/item/rhodia111.html
http://item.rakuten.co.jp/bunguya/rhodia111/

作りはとても良く、ダークブラウンの色も良いです。ただし気になるのが革の質です。なんだかビニールっぽい質感の革なのです。なんというか、人工皮質ほどではないのですが、本革というにはビニール感が出すぎているような。

2つ目のロディアカバーは裏地のビニールっぽい生地は嫌いでしたが、表の革の感触は良かったです。1つ目のロディアカバーはなんだかまた違う感じの安っぽさがありました。

全部スリップオンのものですが、やっぱり個体差がけっこうあるのかもしれません。それは傷がついているとか、縫い方が雑だということではなくて、革の質に個体差があるということです。



http://blog.dicecream.net/2009/11/rhodia-no11.php
http://roba-kun.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_7.html



posted by モレスキン・ロディアのカバー・使い方 at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロディア(rhodia)の使い方・手帳・メモ帳・カバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。