モレスキン・ロディアのカバー・使い方をブログで紹介しています。あなたの好きなカバーがあれば是非教えてください。見てみたいと思います。

2010年03月21日

ブランド「Paul Smith(ポールスミス)」ブライドルレザーのロディアカバー

Paul Smith(ポールスミス)のロディアカバー
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b106337945
ブライドルレザーの財布なら持っていますが、
この写真に見える白いロウは少しずつ見えなくなっていきます。
堅くて艶のある革です。

ただ、高級ブランドではなくて、低価格のハンドメイドのカバーもあって、そういうものを見つけるのも革製品の魅力だと思います。

それにしても探せば探すだけカバーが出て来ますね。個人で制作されている人も少しずつ見つかってきたので新しい楽しみとなりました。

素材も栃木オイルドレザーなど、イタリアンオイルドレザーに対抗するように日本の革素材ブランドみたいなものもあると知りました。

たかが革、されど革。別に奥深いとまで偉そうに私が言うことではありませんが、幅広く味わい深い世界だと感じています。私のこのロディアカバーへの気持ちはどこにたどり着くのでしょうか。

買い物で難しいのは、インターネットからだと写真の写り具合+ディスプレイの色次第なので、どこまで自分が見ている色と同じか分からないことですね。


関連する外部エントリー
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-178.html
http://blogs.yahoo.co.jp/bauhaus0411/29227859.html
http://d.hatena.ne.jp/myk-i/20080427/1209300515
http://blog.livedoor.jp/korokero/archives/51083308.html
http://www.stationarymaniac.com/2005/05/010rhodiano12.html
http://futakin.txt-nifty.com/blog/2009/05/rhodia-no10-827.html
http://www.studio-aqualuna.com/blog/archives/business/stationary/
http://www.kanshin.com/keyword/532113/trackback
http://teddys.shop-pro.jp/?pid=12502577
http://bungbox.hamazo.tv/e1404770.html
http://cocoboro.seesaa.net/article/128937559.htmlhttp://plaza.rakuten.co.jp/freeson/diary/200811220000/
http://turezurebungu.blog65.fc2.com/blog-entry-168.html




posted by モレスキン・ロディアのカバー・使い方 at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロディア(rhodia)の使い方・手帳・メモ帳・カバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。